HOME > 季節のご案内


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月半ばです。
雨の多い夏となっていますが、後半に少し期待したいものです。
日照不足のため、私の畑の豆達はすこぶる成長が悪く、なのにすぐ横の雑草はぐんぐん伸びて、いつもの年のように草刈が必要。
今年、農家さんは雨対策も含め苦労されている様子です。

絵葉描館は、冬から春はとても静かでしたが、さすがにこの時期は、旅行者はもちろん、夏だけ美瑛富良野でアルバイトの女性たち、道内からのドライブ客などで賑わって(と云うほどでも無いけど)おります。

5月からランチの内容を変えたことは、心配には及ばなかったようで、旅行雑誌のランチの写真を見て来てくださった方も、「コンセプト変わってないから大丈夫です。洋食のランチになっていたら悲しいけど笑」と言ってくれることも。ありがたいです。
買い物・仕込み・余り量・食器洗い、格段に減りました。
定休日に1日中仕事をすることも無くなりました。
長続きの道、どうかご理解いただけますように。

新しい店や宿ができたり、或いは辞めた方がいたり、その度に「行く河の流れは絶えずして・・・」を思います。いろいろな状況変化があり、その時点では熟考して、ベストの選択をしているのだから、自分を信じるだけですね。

私の副業とも言える(何が本業なのやら。。。)縫い物も、間もなく町がオープンしてくれる手作りアンテナショップにも置いていただくべく、準備を進めています。
今年2月に初開催の「びえい手作りフェア」のイベントが、こんな形で実を結ぶなんて、役場の方々に感謝です。
美瑛駅の近くにて、通年営業。専属のスタッフは、地域おこし協力隊として美瑛町に来てくれた女性。ありがたい制度ですね。

夏後半も、ホッとできる絵葉描館として、営業しております。
木曜定休ですが、7月24日(火)だけ臨時休業となります。
人気の手描きポストカードも沢山入荷しております。
どうぞお立ち寄りください。

暑さの中、栄養をつけようと思いがちですが、胃腸も夏バテしていると思ってあげて、どうぞ気をつけてお過ごしください。

2018年7月 白石ふじこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
春を迎えました。
まだ雪残る美瑛ですが、昼間は温かく、外に出るのが嬉しくなってしまいます。
まわりの農家さん達も仕事が始まっています。

この冬は、イベント三昧の楽しい冬でした。
持ち寄りうたげの『びばとーく』はもちろん、オーロラ上映会、美瑛手づくりフェア、 音楽と踊りの夕べなど、暇な冬だからこそ”自分が楽しむ”ための(!?)企画。
特にこの冬は、12月からずっと雪の日が多かったせいか、道内のお客さんがとても少なかったので、半冬眠のような営業をしていました。時々のお客さん達は「のんびりできた~」「たくさんお喋りできた~」ととても喜ばれましたが。

12月からスタートした整体サロンは、まだまだ少ないながらも、ご近所の方々、地元に残る同級生たち、口コミで来てくださる方などで、整体サロンから笑い声が聞こえる温かな空間になっています。あ、時々施術中なのに静かーな時間が。途中から眠ってしまう方もあり、です。

さて、道路の雪が無くなったので、6月の美瑛マラソンへ向けて、私も次男も走り始めています。時々ランニングの途中で会うことも。
一緒には走りませんよ、スピードがあまりに違うので。

雪が全部融けてしまうにはまだ少しかかりますが、5月半ば位からは、アスパラの美味しい季節。山菜も楽しめます。
どうぞ日差しに誘われて、お休みの日には美瑛におでかけください。

フェイスブックを始めたので、季節のご案内は文字通り、季節ごとの発信になってしまいました。と云うことは、、、、年に4回?たぶん。日頃の情報や思いは、小まめにフェイスブックにて。絵葉描館からの情報発信だけですが、お時間ある時にでも見ていただけると嬉しいです。

今年の私の目標は、、、、日差しを浴びる、です。
思えば35年間屋内の仕事で、外出時や畑仕事時、紫外線と虫刺されが嫌で完全防備だったのです。今年は、太陽光線からいただける栄養、大切にしたいと思っています。


春のお便り

2018年、4月3日   白石ふじこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2018年冬です。
またまた久しぶりとなってしまいました。
年も変わってしまいました。

その間変わったことの1つは、12月から整体ルームがスタートしたことです。
横浜や札幌にて合計10年位、整体師として働いていた私の次男が、美馬牛に戻ってきて、絵葉描館の中で開業いたしました。
今は静かなオフシーズンなので、お客様は時々ですが、それでも有難いことに、地元に残っている同級生や、近所の方々が整体を受けてくれています。

もう1つは、絵葉描館のフェイスブックを始めたことです。
最新情報を発信するだけになりますが、なるべく小まめに発信していく予定です。このページが何せ、こんなスパンですからねぇ~。。。

この冬は本当に雪が多いせいか、例年よりお客さんは少ないですが、吹雪の日以外は、あまりゼロの日はなく(1~2人の日は、あります)、旅行者以外はリピーターさんなので、たくさんお喋りができるのも、この季節ならでは、の楽しい時間。

元旦が定休日に当たったので、どう過ごそうか考え ”1日じゅう本屋さん” を実行しました。以前からやってみたかった、本屋さんの棚を端から端まで見る、に打って付けの、時間を気にしなくて良い1日でした。でも、6時間で疲れてしまったので、きっとまたいつか!!
「お店は元旦からやらなくていいのに、、、」と思っていた私でしたが、本屋さんではレジにて、「お正月にやってくれて、ありがたいです」と思わずお礼を言ってしまいました。得意の”自己中心”です。
しかし思えば、、、私もずっとサービス業で、お正月に休みはなかったのでした。

昨年より、小麦粉を摂り過ぎると少し体調が下がるので、グルテンフリーのおやつを作り始めました。いろいろな本やインターネットにより、ご存知の方も多いと思いますが、小麦・乳製品・砂糖の組み合わせで、さらに身体が冷えて免疫力が落ちるので、世界中でグルテンフリーは一般的になってきています。
そこで蕎麦です。北海道ではかなり栽培されており、近所の製粉所で挽いてくれるそば粉が美味しくて、パウンドケーキもそば粉と米粉を合わせて使っています。甘党脂党の方にはお口に合わないかもしれませんが。

友人から『お年玉』もらいました。南部鉄器の鉄瓶です。自宅に眠っていたものらしく、絵葉描館にやって来ました。以前から欲しかったものの高価で買えないでいたもの。おまけに、やはり欲しかった焙烙も同梱されていました。
美味しいお茶、いただけています。やはり、昔ながらのもの、良いですね~。古い人間は、やはり、古いものが馴染むのだろうか。。。

1月30日は、中垣氏による、オーロラ上映トークライブを、何と飲食絡みで。
決定して、ポスターを印刷していて、ふと、そんなふざけたこと良かったのかなぁ~?と一瞬頭をかすめましたが、はい、一瞬でした。

今年も自分のペースを崩さない範囲で、精一杯営業して行きます。
何度も何度もくじけそうになるのですが、その度に不思議と、元気もらえるお客さまが来てくれて、まるで”上のほうから誰か見ていて、派遣されたかのように”嬉しい言葉をもらえるのです。そのタイミングに感謝しないではいられません。
他にお店をやっている知人も、同じことを言っていましたっけ。

今年、穏やかな年になるといいですね。

2018年1月
白石ふじこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 季節は早くも紅葉の頃、そして、早くも山には雪です。
農家さん達はもちろん仕事を急いでいますし、私の小さな家庭菜園でも豆たちの収穫を。
はい、いつもながら、冬眠前のリス気分の私。

 この夏は、これまでで一番忙しかった気がします。それは販売のほうではなく、カフェのお客さんが増えたから。とても充実はしていたけど、1人でこなす体力の限界を感じたのでした。
仕事が忙しいほどに、運動不足になりがちで(外に出ない毎日が続くので)筋力低下を感じます。
しばらくできなかったジョギング、またノロノロと走り始めます。

 いろいろな出会いと語らいのあったこの夏は、今後の参考になるヒントもお客様たちからいただきました。これからのオフシーズンにじっくり検討したいと思います。

 この夏の数人の作品展には、それぞれのお知り合いの方達が多く来てくださり、つまり地元の美瑛・富良野・旭川などの方々。「以前から絵葉描館は、いつか行ってみたいと思っていたんです」と、数年越しの初ご来店の方もあり、絵葉描館としては多くのご縁ができて、ありがたいことでした。

 時間にゆとりができた最近、この冬のイベントの計画を練り始めました。昨冬好評だった”食”に関するお話会や食事会、物づくり体験、はい、もちろん、持ち寄りの飲み会『びばとーく』など。

 その前に、親兄弟・息子・孫・旧友などに会うために、11月は長くお休みとさせていただきます。
九州・東京・札幌と、長距離移動は、もうそれだけで充分いつも「旅行したぁ~」という気分。

 そして、12月1日には絵葉描館内にて、次男が始める整体ルームのオープンです。
ボディーは勿論、ヘッドマッサージから足裏まで、まずはどうぞお試しください。

 絵葉描館は12月より営業時間は短くなりますが、例年通り3月まで冬営業いたします。
どうぞお出掛けください。ストーブの前で、お喋りしましょう(^^)

 これからの季節、みなさまお身体冷やさないように、気を付けてお過ごしください。


2017年秋 白石ふじこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ラベンダー満開のトップシーズンがやってきました。でも今年はちょっと変。
6月末に咲く早咲き種が、やっと7月中旬に。これは6月が寒すぎたせいかも。そして、昨年の台風や長雨のせいか、場所によっては枯れてしまったところも。乾燥を好むので北海道が適していたのに、こんなに雨が多くては、、、、。

 今年の『海の日連休』の数日ランチのお客様が重なった時には、それはそれは”絵葉描館らしくない”忙しさでした。1人でやっているから大変なだけなんですけど。

 今年は、宿の掃除を手伝わなくて良いことになり、その時間を利用して、宿泊の方向けに、『寝かせ玄米ご飯と、具沢山みそ汁』というシンプル朝ごはんを始めました。現代の日本人に”見直してほしい日本の伝統食”なのですが、半数は海外の方々。なぜか”玄米ご飯にごま塩”がとても喜ばれています。

 はい相変わらず海外の方は多く、最近だけでも、台湾・香港・韓国・中国・マレーシア・タイ・シンガポール・カナダ・ノルウェーなどなど。
 カナダ女性は1人旅だったので、たくさんお喋りができました。私の拙い英語力でも、住んでる所、家族のこと、仕事、趣味、そしてお互い自然が好きなので、「地球をきれいに保つことが、私たちの健康には大切よね!?」なーんてことまで。
おじいさんはカナダインディアンだとかで、素敵な女性でした。こんな出会いが、絵葉描館をやっている私の役得!(目的か?)

 ランチに使う野菜が、6月末から秋まで販売してくれる『オスピエ』の無農薬野菜。
鮮度良くて安くて、大根や人参もしっかり葉がついており、ごま油で炒め煮にするとまぁこれが美味しくて!無農薬だからできること。華やかなグルメが沢山ある今の時代に、ある意味本当の贅沢を味わっています。

 6月23日~25日の、中垣さんによるオーロラ写真展と上映会に、沢山の方お越しいただき、ありがとうございました。遠くは、東京や和歌山からも。
 私にとっても、お手伝いの女性スタッフさんたちとの沢山の語らい、とビールも?満喫いたしました。「また来年も!」と中垣さんの強い(懇親会の)ご希望にお応えできるように計画します。
 その前に、冬に旭川の科学館サイパルのプラネタリウムで、中垣さんの上映会が予定されています。行かなきゃ!!!

 夏後半、駆け足で秋へと向かう気配を感じるのは、道端の草花たち。そうなんです、
秋の花がもう蕾を付けているのです。

 
2017年7月末  白石 ふじこ

季節は6月。
1年でいちばん自然も人も活き活きしている気がします。

あまりにも書きたいことが多くて、いつも延び延びになってしまう悪習慣を改め、これからは、短くても回数多く!を目指して行きます、、、気持ちは。

4月帰省途中の寄り道旅に、能登半島へ行き、小松市にて懐かしいリピーターさん”きんちゃん”と再会。
とても80歳とは思えない元気ぶりでした。
珠洲市にて、うちのユースホステルのかつての住込みスタッフ”みほりん”と25年ぶりに再会。ご家族で、『湯宿さか本』をやっており、泊めていただきました。シンプルで質重視の、何とも落ち着ける素晴らしいお宿でした。
途中、羽咋市にも寄り、神子原米を作っている棚田を見て、もちろん玄米買って来ました~。
能登はいい所でした。これまで帰省の飛行機で、能登半島を上空から眺めるだけだったのを強行して得るもの沢山ありました。

5月に2人目の孫が生まれたので、別海町にも行ってきました。息子の連れ合いさんは、牧場の娘さんで、里帰り出産でした。初めてお邪魔したその牧場の広いこと広いこと!原風景があの広さ、で今は東京で、大丈夫なのかなぁ?いや長男もこの美瑛育ちなので、同様ですが。

絵葉描館でのイベントは、次々に進んでおり、いちばん楽しんでいるのはおそらく、この私、です。
10月まで個展やイベントや飲み会♪ 続きます。

さすがに歳相応に疲れる身体に、何と専属のマッサージ師がやってきました。いえいえ、横浜や札幌にて働いていた整体師の次男が、こちらで開業する目標でUターンして来ました。
至福の時間が、さらに増えました~!

それではまた。この夏再び更新を目標!!? にしてみます、はい。
暑さに気を付けてお過ごしください。


2017年6月 白石ふじこ

 春に書いただけで何と、もう冬12月になってしまいました。
書くことも大好きなのに、お店の方が忙しくなってきて、年々自家菜園さえいい加減になってきました。忙しいと言うより、忙しく感じる、だけだと思いますが(錯覚?)。

 雨の多い夏から秋。そして、大型台風による被害。その上、畑が全部片付けられないまま、記録的な早い根雪で、「何だか今年は、損した気分ねぇ。」という会話をご近所さん達としています。

 さて絵葉描館ですが、この家での営業は途中8年間のブランクはあったものの、ポストカード販売は1997年からずっと続けており、つまり来年2017年は、20周年なのです!! 
来年は、いろいろな人に個展をやってもらおうと1人盛り上がっております。お楽しみに!

 この頃、やりたいことがビックリする位、いいタイミングで実現するのです。いえ、本当はそういう理屈になっているのでしょうが、諦めが早いというか(笑)行動しなかっただけです、きっと。仕事で疲れ果てていた、という立派な言い訳はあるものの。

 最近では11月16日に、熊本県南阿蘇村の野中さん宅で、オーロラメッセンジャー中垣さんによる、上映会が実現しました。春に美瑛で上映会をやり、今年全国上映会の旅をしている中垣さんと、九州へ帰省する私の日程がぴったり合い、20人ほどの南阿蘇村の方々に、美しい映像を視ていただくことができました。
中垣さん(中垣哲也)、野中さん(野中ファミリー)それぞれのブログにて、その様子が発信されています。

 野中ファミリーは、TV報道ステーションで放送されたので、ご覧になった方もいるでしょう。「南阿蘇の食卓」という”美味しそうな”企画です。私は7年前に、自然食料理家である奥さん(かるべけいこ)の料理を目当てに熊本まで行った時からのお付き合いで、彼らの暮らし方のファンの1人です。
 今回は、泊めていただき、「簡単なものだけで、、、」と出していただいた食事は、本当に”身体に負担を掛けずに1日の力になる”食事でした。はい、もちろん、日本の伝統食が基本です。

 九州から戻ったあと、札幌への用事のついでに、念願だった函館に行くことも出来ました。遠かった〜!!
目的はだた1つ、カフェMARUSENに行くこと。この店を経営している綾子さんは、絵葉描館で彼女のポストカードのお取り扱いをするようになったからの長いお付き合い。前回函館に私が遊びに行ったのは10年前で、6年前からスタートしたカフェに伺うのは初めてでした。広いフロアでスタッフさんも沢山。それを総括して、お客様にご挨拶したりの綾子さんの姿、ほーんとにカッコいい!
 絵葉描館とはあまりにレベルが違い、参考になることはあまり無かったのですが(笑)、唯一の共通点は「以前は宿業で、今はカフェ」、なので話は合います。
 ちなみに綾子さんは、北海道新聞の『朝の食卓』に時々コラムを書いています。

 話変わって美瑛では、町づくりの見直しが加速しています。すでに遅い位なのですが、田舎ゆえ?なかなか進まなかった改善が、民間企業からの助っ人や、北海道大学の先生達の分析により、諦めムードだったこの町を「できるかも!」という空気に変えつつあります。
 国に頼り切ったり愚痴ばかり言うのではなく、自分たちにできることを真剣に考えて実行して行くことが必要な時代に、とっくに変わっていたのに、危機感を持たないままでした。 どうもキラキラした外にばかり目を向けて、自らを見つめないこの時代に『瞑想』する人が増えてきているのも、個人と組織の違いはあっても同じことなのでしょう。

 ついでに、おまけの話。この秋に来てくれた女性のお客様から、いいことを教えてもらいました。その方、出勤前にどんなに忙しくても、床の雑巾がけをするそうです。帰宅した時の空気が違うとか。それで翌日から私も、どんなに忙しくてもオープン前に雑巾がけをしてみました。すると、お客さんが増えただけでなく、素敵なお客さんが増えたのです。偶然なのかもしれませんが、私の心が澄んできたのは実感します。これ、心の病の方に、使えませんかねぇ?
ただ雑巾がけするだけです、だまされたと思って(笑)。

 もう1つおまけに。自分で作るおやつは大丈夫なのですが、頂いた市販のお菓子、捨てるのはもったいなくて食べると、体調が崩れるこの頃。小麦粉と砂糖と乳製品が合わさると、不調確率が高くなります。和菓子は多少大丈夫な所をみると。「まぁ、かわいそう」と言われることもありますが、私は欲しないので、何とも思わないだけです。お肉も同様。お付き合いは多少気を使いますが、価値観の似ている人が多くなっているのと、自分が食べて良いものを選べば、大きな問題はなく。

 それから、脅かすようではあるのですが(!)本州の真ん中辺りの方々、放射能のリスクは、国の発表より高いそうです。『玄米や雑穀のご飯、味噌汁、漬物』をどうぞ常食して、少しでも軽減されますように。もちろん添加物の無いものを選んでください。 ”目に見えないもの”が怖いものです。

 これからの長い冬、絵葉描館は短縮ながら営業しております。恒例の持ちより飲み会『びばとーく』や、他のイベントも企画中です。お客さんが来られない吹雪の日などは、大好きな縫い物など物づくりをしながら開けています。
 退屈したり、気持ちが塞いでしまった時には、絵葉描館までいらっしゃいませんか?また、いろいろと情報お持ちの方、歓迎です。温かいお飲み物、玄米ご飯ランチ、そば団子、全粒粉クッキーなどをご用意して、お待ちしています。

 どうぞ温かく、冬をお過ごしください。


2016年冬 白石ふじこ